ハニカムパネル入門編|アルミハニカムパネルはモリシン工業株式会社

  1. HOME > 
  2. ハニカムパネルとは > 
  3. ハニカムパネル入門編

ハニカムパネル入門編

ハニカム(honeycomb)

ハニカム(honeycomb)は、英語で「蜂の巣」を意味します。蜂の巣のように六角形を隙間なく敷き詰めることで、「最も少ない材料」で「最も丈夫な構造」を実現できるため、力学の観点から理想的なのです。このような構造を「ハニカム構造」と呼びます。

アルミハニカムコア

アルミハニカムパネルは、アルミ箔をハニカム構造に成形した「アルミハニカムコア」を、両側から面板でサンドイッチし、接着剤を用いて圧着することでパネル化したものです(右図参照)。

 

アルミハニカムパネルは、体積の約9割が空気であるため超軽量です。一方、力学の観点から理想的な「ハニカム構造」によって高強度を保てます。まさに理想の素材です。

 

アルミハニカムパネルは、「軽量かつ高強度」であるのはもちろんのこと、「平面度が±0.05mm/m程度と優れている」、「一般的な金属素材と同様に切削加工や表面処理ができる」など、数多くの優れた性質を有しています。

 

そのため、航空・宇宙、自動車・車両、印刷機、液晶、半導体、太陽電池、医療機器、生産設備、建材、家具・インテリアなど様々な分野で採用されています。

 

アルミハニカムパネルは、およそ70年前にイギリスで航空機の軽量化を目的に開発されました。日本で実用化されたのは1980年です。モリシン工業㈱はその4年後の1984年より本格的にアルミハニカムパネルの生産を開始しました。以来、専門メーカーとして31年の実績を誇ります。

ハニカムパネルの導入を検討されている方へ

PAGETOP