レーザー加工用カッティングテーブル|アルミハニカムパネルはモリシン工業株式会社

  1. HOME > 
  2. 用途事例集 > 
  3. レーザー加工用カッティングテーブル

レーザー加工用カッティングテーブル

レーザー加工用テーブル

メリット

  • アルミハニカムコア(アルミ箔をハチの巣状に成型したもの)は、レーザー加工用やウォータージェット加工用のカッティングテーブルとして多くのお客様に採用されています。上記の写真の例のように、アルミハニカムコアの周囲にフレームを取りつけることも可能で、フレームにタップ、貫通穴、ザグリなどの加工を事由に施すことができるので、取付の際などに便利です。

 

  • モリシンではアルミハニカムコア、アルミハニカムパネルともに、1品からオーダーメイド製作が可能です。ご希望のセルサイズ(※アルミハニカムコアの目の粗さ)、寸法、形状などをお知らせください。

用途例

  • レーザー加工機用カッティングテーブル
  • ウォータージェット加工機用カッティングテーブル

仕様

  • アルミハニカムコアのみ(※写真のようなフレームが無いバージョン)の販売も可能です。

 

  • 【寸法】製作可能範寸法内(t200 x 1,200mm x 5,000mm以内 ※セルサイズにより最大製作寸法は異なります)であれば自由な寸法・形状で製作できます。

 

  • 【加工】タップ、ザグリ、貫通穴、開口、ポケット、切欠き、溝、面取りなど、一般的な金属素材と同様の加工が可能です。

 

  • オーダーメイドで1枚から製作致しますので、お気軽にお問い合わせください。

ハニカムパネルの導入を検討されている方へ

PAGETOP